ピル・避妊

Pill

ピル・避妊|文京区春日の婦人科クリニック - なおレディースクリニック

ピル・避妊

ピル外来では、快適な生活をサポートするために、ライフスタイルや目的に合わせて、様々な種類から選択していただけます。避妊や緊急避妊についてもご相談ください。

  • ピル
  • 低用量ピル
  • アフターピル(緊急避妊薬)
  • 避妊器具
  • 月経移動
  • 肌荒れ、にきび など

ピル

ピル

ピルには、生理痛や月経前症候群(PMS)、子宮内膜症に対する治療を目的に保険適用の薬として使われる低用量/超低用量ピルであるLEPと、避妊目的で使用するピルであるOCがあります。避妊目的で使用するピルであるOCは、正しく内服すると99%以上の避妊効果があり、他の避妊法よりも効果が確実であることがわかっています。

避妊以外に期待できること

  • 生理痛の軽減
  • 月経不順の改善
  • 過多月経の軽減、貧血の改善
  • 月経前症候群(PMS)の改善
  • ニキビの改善
  • 月経移動(月経日調整)
  • 子宮内膜症の予防と改善
  • 子宮体がん、卵巣がんの発症予防、大腸がんの発生頻度低下

当院で院内処方できるピル一覧

LEP(保険)ジェミーナ
OC(自費)ラベルフィーユ 2,500円(学割2,200円)
ファボワール 2,500円(学割2,200円)
トリキュラー 2,700円
マーベロン 2,700円
初回のみ 一律3,000円

副作用

低用量ピルの一般的な副作用として頭痛、吐き気、不正出血などがありますが、これらの症状は飲みはじめの期間に起こり、服用を続けることで消えていきます。
重篤な副作用のひとつに静脈血栓塞栓症がありますが非常に稀です。静脈血栓塞栓症は低用量ピルの内服開始後3ヶ月以内が最も多いことの他、喫煙者、肥満の方、ご高齢の方の場合にそのリスクが高まることがわかっています。静脈血栓塞栓症の症状としては、激しい頭痛、急に目が見えにくくなった、しゃべりにくくなった、激しい腹痛、脚のむくみや痛みなどがあり、早期診断・早期治療で重症化を防ぐことができます。

緊急避妊(アフターピル)

緊急避妊とは、コンドームの破損、コンドームなしの性交渉など避妊に失敗してから72時間以内にアフターピルの内服を開始する方法です。72時間以内という制限は、精子と卵子が受精し着床する前の時間を指しています。アフターピルを服用することによって、排卵を遅らせ受精を防いだり、着床前に子宮内膜を変化させて妊娠成立を防ぎます。ただし、アフターピルによる避妊効果は100%ではありません。
また、服用はなるべく早い方が効果的ですので、避妊に失敗してからなるべく早めに受診されることをおすすめします。

副作用

内服による副作用ですが、一時的な吐き気や頭痛等が起こる可能性があり、特に内服後、4時間以内に嘔吐すると効果が落ちることもあります。アフターピルにあわせて吐き気止めを一緒に処方することもできます。アフターピルが今後の体に支障を残すような副作用はありませんが、避妊失敗のリスクを減らすため次回月経後より、継続して低容量ピルの服用をおすすめしています。

レボノル錠
日本国内唯一の厚生労働省承認の緊急避妊薬です。望まない形の性交渉の機会をもってから72時間以内に1錠のみ服用します。1回の服用でよく、妊娠阻止率は約85%、吐き気などの副作用がほとんどないのが特徴です。
費用 9,900円

子宮内避妊器具

IUD
IUDは、子宮内に小さなプラスチックの器具を子宮の中に挿入し、子宮の中の環境を変えることによって受精卵が子宮内膜に着床するのを防げ、妊娠を防ぎます。子宮内に器具を挿入するため、子宮の入り口が狭い若い女性は、経産婦さんよりも強い痛みが伴うことがあります。副作用のリスクが高くてピルを服用できない、毎日OCを一定時間に服用できない、という方におすすめです。
IUS(ミレーナ)
ミレーナとは、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システム(IUS: Intrauterine System)です。低用量経口避妊薬(OC)の避妊効果と、子宮内避妊用具(IUD)の長期の避妊が可能であるという特徴を持っています。
また、過多月経や月経困難症(生理痛)の治療薬として国内外のガイドラインですすめられています。効果は約5年間続きます。
過多月経または月経困難症の場合には、保険適応となります。

過多月経・月経困難症治療のメカニズム

ミレーナから放出される黄体ホルモン(レボノルゲストレル)は、子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため、内膜は薄い状態となり、月経量を減少させるとともに生理痛を軽くします。

避妊のメカニズム

ミレーナから放出される黄体ホルモン(レボノルゲストレル)は、子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため、内膜は薄い状態となり、妊娠の成立(受精卵の着床)を妨げたり、子宮の入り口の粘液を変化させて精子が腟の中から子宮内に侵入するのを防いだりすることで避妊効果を発揮します。避妊率は99.9%と高く、OC(低用量ピル)にように飲み忘れによる避妊の失敗がありません。副作用のリスクが高くてピルを服用できない、毎日OCを一定時間に服用できない、という方に特におすすめです。
ミレーナを避妊のために使用する場合には、保険は適用されません。

月経移動

月経予定日が受験や部活の大会、旅行などと重なってしまう場合、一時的に中用量ピルを服用することによって月経日を早めたり、遅らせたりすることが可能です。
体に薬の影響が残ることはありません。
費用は4,000円です。